購入前に目次をご確認ください

Wedge 2022年4月号

ウェッジ / 2022年03月19日 / 全90ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 【最終回】ONCE UPON A TIME 「天」(生津勝隆)
  • 目次
  • 露の侵攻で欧州“大転換” 日本に必要な不動の決意と行動(鶴岡路人・慶應義塾大学総合政策学部准教授)
  • デジタル時代に人を生かす日本型人事の再構築 Part1 揺れる日本の雇用環境 人事改革は「人」と組織を生かせるか(編集部)Part2 「人」の成長なくして企業の成長なし 人事制度改革の将来像(鶴光太郎・慶應義塾大学大学院商学研究科教授))Part3 自ら学び変化する人材を企業人事はどう育てるのか(中原淳・立教大学経営学部教授)
  • Part4 過熱するデジタル人材争奪戦 “即戦力”発想やめ自社育成を(編集部)Column 1 迫る“2025年の崖” 企業は「レガシーシステム」の刷新を(角田仁・千葉工業大学 教授・デジタル人材育成学会会長)Part5 技術継承と効率化の鍵握る人間とデジタルの「役割分担」(編集部)Column 2 100分の1ミリで紡ぐ伝統 知られざる貨幣製造の裏側(編集部)
  • Part6 「米国流」への誤解を直視し日本企業の強み生かす経営を(冷泉彰彦・作家、ジャーナリスト)Column 3 全ビジネスパーソン必読!「対話不全」への処方箋(田村次朗・慶應義塾大学法学部教授、弁護士)Part7 根拠なき日本悲観論 企業に必要な「コンセプト化」の力(岩尾俊兵・慶應義塾大学商学部准教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) キャリア相談にうまく対応できずに困った
  • 政府、分科会、首長よ コロナ対応の転換から逃げるな PART 1 ゼロリスク思考から脱却しリスク最適化に向け舵を切れ(唐木英明・東京大学名誉教授、公益財団法人食の安全・安心財団理事長)PART 2 感染対策と経済の両立へ日本は“方向転換”を決断せよ(仲田泰祐・東京大学大学院経済学研究科准教授)PART 3 国家の債務は安保上“最大の脅威” 日本よ、目を覚ませ(加藤出・東短リサーチ代表取締役社長、チーフエコノミスト)
  • 軍人確保に躍起の中国 日本はどう対応すべきか(飯田将史・防衛省防衛研究所 米欧ロシア研究室長)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 新・宇宙時代の到来 人類はなぜ月を目指すのか?(編集部)
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 「知的創造サイクル」でアイデアを形にする高専生沼津工業高等専門学校
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) かけがえのない「場」を守る 再認識した会社と社員の存在
  • 世界の記述
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『カイジ』が示す「絶望こそが本当のチャンス」
  • EVが“日常”になった米加州 しのぎを削るメーカーの大競走時代(土方細秩子・ジャーナリスト)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 戦後日本インテリジェンスの光と影
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(高原秀介)現代米国外交の起源 ウィルソン主義は何を目指したのか
  • さらばリーマン(溝口敦) バンドマンからの紆余曲折 デジタル人材派遣業で大成功佐藤昌平さん・エクストリーム代表取締役社長
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『大衆運動 新訳版』 エリック・ホッファー
  • 【最終回】ONCE UPON A TIME 「天」(生津勝隆)
  • 目次
  • 露の侵攻で欧州“大転換” 日本に必要な不動の決意と行動(鶴岡路人・慶應義塾大学総合政策学部准教授)
  • デジタル時代に人を生かす日本型人事の再構築 Part1 揺れる日本の雇用環境 人事改革は「人」と組織を生かせるか(編集部)Part2 「人」の成長なくして企業の成長なし 人事制度改革の将来像(鶴光太郎・慶應義塾大学大学院商学研究科教授))Part3 自ら学び変化する人材を企業人事はどう育てるのか(中原淳・立教大学経営学部教授)
  • Part4 過熱するデジタル人材争奪戦 “即戦力”発想やめ自社育成を(編集部)Column 1 迫る“2025年の崖” 企業は「レガシーシステム」の刷新を(角田仁・千葉工業大学 教授・デジタル人材育成学会会長)Part5 技術継承と効率化の鍵握る人間とデジタルの「役割分担」(編集部)Column 2 100分の1ミリで紡ぐ伝統 知られざる貨幣製造の裏側(編集部)
  • Part6 「米国流」への誤解を直視し日本企業の強み生かす経営を(冷泉彰彦・作家、ジャーナリスト)Column 3 全ビジネスパーソン必読!「対話不全」への処方箋(田村次朗・慶應義塾大学法学部教授、弁護士)Part7 根拠なき日本悲観論 企業に必要な「コンセプト化」の力(岩尾俊兵・慶應義塾大学商学部准教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) キャリア相談にうまく対応できずに困った
  • 政府、分科会、首長よ コロナ対応の転換から逃げるな PART 1 ゼロリスク思考から脱却しリスク最適化に向け舵を切れ(唐木英明・東京大学名誉教授、公益財団法人食の安全・安心財団理事長)PART 2 感染対策と経済の両立へ日本は“方向転換”を決断せよ(仲田泰祐・東京大学大学院経済学研究科准教授)PART 3 国家の債務は安保上“最大の脅威” 日本よ、目を覚ませ(加藤出・東短リサーチ代表取締役社長、チーフエコノミスト)
  • 軍人確保に躍起の中国 日本はどう対応すべきか(飯田将史・防衛省防衛研究所 米欧ロシア研究室長)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 新・宇宙時代の到来 人類はなぜ月を目指すのか?(編集部)
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 「知的創造サイクル」でアイデアを形にする高専生沼津工業高等専門学校
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) かけがえのない「場」を守る 再認識した会社と社員の存在
  • 世界の記述
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『カイジ』が示す「絶望こそが本当のチャンス」
  • EVが“日常”になった米加州 しのぎを削るメーカーの大競走時代(土方細秩子・ジャーナリスト)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 戦後日本インテリジェンスの光と影
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(高原秀介)現代米国外交の起源 ウィルソン主義は何を目指したのか
  • さらばリーマン(溝口敦) バンドマンからの紆余曲折 デジタル人材派遣業で大成功佐藤昌平さん・エクストリーム代表取締役社長
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『大衆運動 新訳版』 エリック・ホッファー
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『水を光に変えた男』 荻野進介
  • 一冊一会
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2022年11月26日

総合ランキング
2022年11月26日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play