購入前に目次をご確認ください

CONFORT 2019年12月号

建築資料研究社 / 2019年11月05日 / 全143ページ

これまで重宝されてきたのは、節や割れ、黒ずみなどの欠点がなく、木目が端正で、質がそろう木材でした。その基本は引き継がれていますが、いま、注目が集まるのは、植物として育ってきた自然の風景が見えてくるようなひとつひとつに個性のある木材です。
なにより木が近くにある空間は、人をほっとさせます。多種多様な木材の物語を知り、内装材や家具など、暮らしの中で使う。そのことが、森にとっても人々にとっても、求められています。

目次

  • インテリアには木を使いたい
  • 木が活きるオフィス
  • 木が活きるオフィス
  • 森を翻訳するひとたち
  • 森を翻訳するひとたち
  • 木を自在にデザインする
  • ほんとうはもっと使える国産広葉樹
  • 里山の木を伐って生活の道具に
  • 徳永順男の椅子
  • 建築本来の魅力を甦らせて
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた
  • 森にはなぜ木が生えている?
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた カンディハウス
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた ワイス・ワイス
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた カリモク家具
  • この星の暮らしかた
  • 実測野帳は語る
  • ケンチク学ビバ
  • MONOMIRU
  • 最新水まわり事情 充実のシャワールーム
  • インテリアには木を使いたい
  • 木が活きるオフィス
  • 木が活きるオフィス
  • 森を翻訳するひとたち
  • 森を翻訳するひとたち
  • 木を自在にデザインする
  • ほんとうはもっと使える国産広葉樹
  • 里山の木を伐って生活の道具に
  • 徳永順男の椅子
  • 建築本来の魅力を甦らせて
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた
  • 森にはなぜ木が生えている?
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた カンディハウス
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた ワイス・ワイス
  • 家具会社が国産材でつくるようになってきた カリモク家具
  • この星の暮らしかた
  • 実測野帳は語る
  • ケンチク学ビバ
  • MONOMIRU
  • 最新水まわり事情 充実のシャワールーム
  • CONFORT NEWS
  • PREVIEWS&REPORTS

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

総合ランキング
2021年08月01日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play