購入前に目次をご確認ください

Wedge 2021年4月号

ウェッジ / 2021年03月19日 / 全100ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 目次1
  • 目次2
  • 衰退する米国の日本研究 プレゼンス低下に危機感を持て(筒井清輝・スタンフォード大学社会学部教授アジア太平洋研究センタージャパンプログラム所長)
  • 活況を呈する米株式市場に潜むバブルリスク「SPAC」(倉都康行・RPテック代表取締役国際資本システム研究所長)
  • 「一帯一路」大解剖 知れば知るほど日本はチャンスPART1 いずれ色褪せる一帯一路 中国共産党“宣伝戦略”の本質(高原明生・東京大学公共政策大学院教授)PART2 中国特有の「課題」を抱える対外援助の実態(北野尚宏・早稲田大学理工学術院教授)PART3 不採算確実な中国ラオス鉄道 それでも敷設を進める事情(西沢利郎・東京大学公共政策大学院教授)PART4 「援“習”ルート」貫くも対中依存避けるミャンマーのしたたかさ(石田正美・日本大学生物資源科学部国際地域開発学科教授)
  • PART5 経済か安全保障か 狭間で揺れるスリランカの活路(ジャガナート・パンダインド国防問題研究所東アジアセンターリサーチフェロー)PART6 「中欧班列」による繁栄の陰で中国進出への恐れが増すカザフ(テムル・ウマロフカーネギー国際平和財団モスクワセンターコンサルタント)【COLUMN】コロナ特需 とともに終わる? 中欧班列が夢から覚める日(編集部)
  • PART7 一帯一路の旗艦“中パ経済回廊” まだら模様の両者の思惑(青木健太・中東調査会研究員)PART8 重み増すアフリカの対中債務 真の支援 日本ならできる(吉澤啓・JICAアフリカ部計画TICAD推進課専任参事)PART9 変わるEUの中国観 仏日・欧日はもっと手を組める(マチュー・デュシャテルモンテーニュ研究所アジアプログラム・ディレクター)PART10 中国への対抗心にとらわれず「日本型援助」の強みを見出せ(佐藤 仁・東京大学東洋文化研究所教授)
  • 日本列島襲った電力危機 いつまで現場の矜持に頼るのか(編集部)
  • 【新連載】インテリジェンス・マインド(小谷賢) 今だからこそ押さえたい “インテリジェンス”の本質
  • 世界の記述
  • 【新連載】新しい原点回帰(磯山友幸)「ひとつ上の豊かさ」を生んだ 時代に合わせたブランディング
  • 【新連載】イノベーションを阻む“法律たち”(秋田圭太)「空の産業革命」 ドローンによる物流サービス
  • “聖域”はなぜ崩れたのか 中国「アリババ規制」の真意(高口康太・ジャーナリスト)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 新局面迎える世界情勢 「汎地球的」ルール整備が必要だ(ヴォルフガング・パーペ元欧州委員会アジア戦略担当)【COLUMN】日本とEUは新時代の真なる戦略的パートナーになれるか?(渡邊頼純・関西国際大学国際コミュニケーション学部長 教授)
  • 【新連載】社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 運動習慣が身につかずに困った
  • タブレット配布に揺れる学校 教育〝デジタル化〟の行方は(秋元沙織・ライター、編集部)
  • 【新連載】MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『鬼滅の刃』から学ぶマネジメント
  • 【新連載】CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人”~ (古畑康雄) 言論の自由を守るため 声を上げ続けた清華大教授
  • 道半ばの社会保障改革(土居丈朗)
  • 目次1
  • 目次2
  • 衰退する米国の日本研究 プレゼンス低下に危機感を持て(筒井清輝・スタンフォード大学社会学部教授アジア太平洋研究センタージャパンプログラム所長)
  • 活況を呈する米株式市場に潜むバブルリスク「SPAC」(倉都康行・RPテック代表取締役国際資本システム研究所長)
  • 「一帯一路」大解剖 知れば知るほど日本はチャンスPART1 いずれ色褪せる一帯一路 中国共産党“宣伝戦略”の本質(高原明生・東京大学公共政策大学院教授)PART2 中国特有の「課題」を抱える対外援助の実態(北野尚宏・早稲田大学理工学術院教授)PART3 不採算確実な中国ラオス鉄道 それでも敷設を進める事情(西沢利郎・東京大学公共政策大学院教授)PART4 「援“習”ルート」貫くも対中依存避けるミャンマーのしたたかさ(石田正美・日本大学生物資源科学部国際地域開発学科教授)
  • PART5 経済か安全保障か 狭間で揺れるスリランカの活路(ジャガナート・パンダインド国防問題研究所東アジアセンターリサーチフェロー)PART6 「中欧班列」による繁栄の陰で中国進出への恐れが増すカザフ(テムル・ウマロフカーネギー国際平和財団モスクワセンターコンサルタント)【COLUMN】コロナ特需 とともに終わる? 中欧班列が夢から覚める日(編集部)
  • PART7 一帯一路の旗艦“中パ経済回廊” まだら模様の両者の思惑(青木健太・中東調査会研究員)PART8 重み増すアフリカの対中債務 真の支援 日本ならできる(吉澤啓・JICAアフリカ部計画TICAD推進課専任参事)PART9 変わるEUの中国観 仏日・欧日はもっと手を組める(マチュー・デュシャテルモンテーニュ研究所アジアプログラム・ディレクター)PART10 中国への対抗心にとらわれず「日本型援助」の強みを見出せ(佐藤 仁・東京大学東洋文化研究所教授)
  • 日本列島襲った電力危機 いつまで現場の矜持に頼るのか(編集部)
  • 【新連載】インテリジェンス・マインド(小谷賢) 今だからこそ押さえたい “インテリジェンス”の本質
  • 世界の記述
  • 【新連載】新しい原点回帰(磯山友幸)「ひとつ上の豊かさ」を生んだ 時代に合わせたブランディング
  • 【新連載】イノベーションを阻む“法律たち”(秋田圭太)「空の産業革命」 ドローンによる物流サービス
  • “聖域”はなぜ崩れたのか 中国「アリババ規制」の真意(高口康太・ジャーナリスト)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 新局面迎える世界情勢 「汎地球的」ルール整備が必要だ(ヴォルフガング・パーペ元欧州委員会アジア戦略担当)【COLUMN】日本とEUは新時代の真なる戦略的パートナーになれるか?(渡邊頼純・関西国際大学国際コミュニケーション学部長 教授)
  • 【新連載】社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 運動習慣が身につかずに困った
  • タブレット配布に揺れる学校 教育〝デジタル化〟の行方は(秋元沙織・ライター、編集部)
  • 【新連載】MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『鬼滅の刃』から学ぶマネジメント
  • 【新連載】CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人”~ (古畑康雄) 言論の自由を守るため 声を上げ続けた清華大教授
  • 道半ばの社会保障改革(土居丈朗)
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 【新連載】近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『昭和陸軍と政治』 髙杉洋平
  • さらばリーマン(溝口敦)
  • 【新連載】時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『ロッキード』 真山 仁
  • 一冊一会
  • 【新連載】背負うということ(木村俊介) 書店「Title」店主 辻山良雄
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

総合ランキング
2021年10月16日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play