購入前に目次をご確認ください

Wedge 2022年2月号

ウェッジ / 2022年01月20日 / 全96ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • ONCE UPON A TIME 「供」(生津勝隆)
  • 目次
  • 強い安保に経済力は必須 官民一体で日本の国力を高めよ(宮川眞喜雄・前国家安全保障参与)
  • 大衆分散化社会の成れの果て マンションに総量規制を(中西享・ジャーナリスト)
  • 「学歴偏重」にメス入れる中国 それでも不満はなくならない(高口康太・ジャーナリスト)
  • 「南米の風見鶏」で左派躍進 時代の趨勢を占うチリの行方(藤原章生・記者作家)
  • 人類×テックの未来 テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ PART1 未来を拓くテクノロジー 【1-1】メタバースの登場は必然だった(宮田拓弥・Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー) COLUMN1 次なる技術を作るのはGAFAではない(ケヴィン・ケリー・『WIRED』誌創刊編集長) 【1-2】脱・中央制御型 “群れ”をつくるロボット(編集部) 【1-3】「限界」を超えよう IOWNでつくる未来の世界(編集部)
  • COLUMN2 未来を見定めるための「SFプロトタイピング」(ブライアン・デイビッド・ジョンソンフューチャリスト)PART2 キラリと光る日本の技 【2-1】日本の文化を未来につなぐ 人のチカラと技術のチカラ(堀川晃菜・サイエンスライター科学コミュニケーター) 【2-2】日本発の先端技術 バケツ1杯の水から棲む魚が分かる!(詫摩雅子・科学ライター) 【2-3】魚の養殖×ゲノム編集の可能性 食料問題解決を目指す(松永和紀・科学ジャーナリスト)
  • PART3 コミュニケーションが生み出す力 天才たちの雑談(松尾 豊・東京大学大学院工学系研究科教授、加藤真平・東京大学大学院情報理工学系研究科准教授、瀧口友里奈・経済キャスター東京大学工学部アドバイザリーボード・メンバー、合田圭介・東京大学大学院理学系研究科教授、暦本純一・東京大学大学院情報学環教授) COLUMN3 新規ビジネスの創出にも直結 SF思考の差が国力の差になる(宮本道人・科学文化作家応用文学者)PART4 宇宙からの視座 毛利衛氏未来を語る─テクノロジーの活用と人類の繁栄
  • 規制委に全てを委ねる姿勢やめ 政府指示で原発再稼働を(石川和男・政策アナリスト)
  • 日本が持つ再エネの切り札 今こそ「地熱」強化の舵取りを(海江田秀志・電力中央研究所研究アドバイザー)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 導入期迫る「教科担任制」 教育“見える化”の突破口にするには(編集部)
  • イノベーションを阻む“法律たち”(河本秀介) 急成長するデジタルアート 問われるNFTの権利性
  • 「新時代」の難題抱える中国 日本の対中戦略に必要な視点(加茂具樹・慶應義塾大学総合政策学部長教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 女性活躍の推進で困った
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 「一粒の砂金」を掴め 中国のスパイ工作の歴史
  • CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人” (城山英巳)中国の言論を死なせない タブーに向き合う人権派弁護士 浦志強
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 煎餅の「再定義」と「再構築」 老舗若旦那の大胆な挑戦
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 函館の地に酒蔵を! 高専生が学ぶ酒造り函館工業高等専門学校
  • ONCE UPON A TIME 「供」(生津勝隆)
  • 目次
  • 強い安保に経済力は必須 官民一体で日本の国力を高めよ(宮川眞喜雄・前国家安全保障参与)
  • 大衆分散化社会の成れの果て マンションに総量規制を(中西享・ジャーナリスト)
  • 「学歴偏重」にメス入れる中国 それでも不満はなくならない(高口康太・ジャーナリスト)
  • 「南米の風見鶏」で左派躍進 時代の趨勢を占うチリの行方(藤原章生・記者作家)
  • 人類×テックの未来 テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ PART1 未来を拓くテクノロジー 【1-1】メタバースの登場は必然だった(宮田拓弥・Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー) COLUMN1 次なる技術を作るのはGAFAではない(ケヴィン・ケリー・『WIRED』誌創刊編集長) 【1-2】脱・中央制御型 “群れ”をつくるロボット(編集部) 【1-3】「限界」を超えよう IOWNでつくる未来の世界(編集部)
  • COLUMN2 未来を見定めるための「SFプロトタイピング」(ブライアン・デイビッド・ジョンソンフューチャリスト)PART2 キラリと光る日本の技 【2-1】日本の文化を未来につなぐ 人のチカラと技術のチカラ(堀川晃菜・サイエンスライター科学コミュニケーター) 【2-2】日本発の先端技術 バケツ1杯の水から棲む魚が分かる!(詫摩雅子・科学ライター) 【2-3】魚の養殖×ゲノム編集の可能性 食料問題解決を目指す(松永和紀・科学ジャーナリスト)
  • PART3 コミュニケーションが生み出す力 天才たちの雑談(松尾 豊・東京大学大学院工学系研究科教授、加藤真平・東京大学大学院情報理工学系研究科准教授、瀧口友里奈・経済キャスター東京大学工学部アドバイザリーボード・メンバー、合田圭介・東京大学大学院理学系研究科教授、暦本純一・東京大学大学院情報学環教授) COLUMN3 新規ビジネスの創出にも直結 SF思考の差が国力の差になる(宮本道人・科学文化作家応用文学者)PART4 宇宙からの視座 毛利衛氏未来を語る─テクノロジーの活用と人類の繁栄
  • 規制委に全てを委ねる姿勢やめ 政府指示で原発再稼働を(石川和男・政策アナリスト)
  • 日本が持つ再エネの切り札 今こそ「地熱」強化の舵取りを(海江田秀志・電力中央研究所研究アドバイザー)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 導入期迫る「教科担任制」 教育“見える化”の突破口にするには(編集部)
  • イノベーションを阻む“法律たち”(河本秀介) 急成長するデジタルアート 問われるNFTの権利性
  • 「新時代」の難題抱える中国 日本の対中戦略に必要な視点(加茂具樹・慶應義塾大学総合政策学部長教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 女性活躍の推進で困った
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 「一粒の砂金」を掴め 中国のスパイ工作の歴史
  • CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人” (城山英巳)中国の言論を死なせない タブーに向き合う人権派弁護士 浦志強
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 煎餅の「再定義」と「再構築」 老舗若旦那の大胆な挑戦
  • 知られざる高専の世界(堀川晃菜) 函館の地に酒蔵を! 高専生が学ぶ酒造り函館工業高等専門学校
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(渡邉公太) 「排日移民法」抗議運動が示す太平洋戦争へと続く道
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『正直不動産』に学ぶ信頼学と複利的な生き方
  • 世界の記述
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く 牧野邦昭
  • さらばリーマン(溝口敦) 転職で磨かれた美的センス スマホケースに商機を見出す坂本雄一さん・坂本ラヂヲ代表取締役
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『ドードーをめぐる堂々めぐり』 川端裕人
  • 一冊一会
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2022年05月19日

総合ランキング
2022年05月19日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play