購入前に目次をご確認ください

NEW MEDIA(月間ニューメディア) 2023年10月号

ニューメディア / 2023年09月01日 / 全67ページ

放送、通信、IT分野の新技術、新事業、新戦略の専門ビジネス誌です。本号の見どころ:①「特集 関東大震災100年 『情報の空白』から災害対応を考える」 災害のあらゆる瞬間に生まれる「情報の空白」が惨事を拡大します。SNSがあり、生成AIが広がる現代にあって、多面的に対応を考えます。/②「特集 ケーブルテレビ『スマートシティ・地域DX』の成功事例 ~全国主要事例のビジネスモデルと戦略~」 ケーブルテレビ事業者によるスマートシティ・地域DXの取り組みが注目を集めています。5事例の取り組みと戦略をレポートします。/そのほか、「CTV時代の動画コンテンツ視聴とCM訴求」「特集 ケーブル陣営『CTV本格参戦』「紅海に潜む海底湖ブラインプールの8Kカメラ撮影に成功」などの特集・記事も見どころです。

目次

  • 2 【広告】スカパーJSAT株式会社
  • 3 【広告】株式会社ビデオ・テック
  • 4 目次  4 【広告】株式会社エイ・コスモス
  • 6 【広告】株式会社サーティファイ
  • 7 【シリーズ】巻頭 オピニオン・インタビュー(31) 令和2年7月豪雨災害を受けて改めて見直した水害対策 松岡隼人 熊本県人吉市長
  • 10 【シリーズ】Mizuno’s EYE 「暴走力」が岸田政権を窮地に追い込んだ?! 深刻さ増すマイナンバー不祥事 水野泰志 メディア激動研究所 代表
  • 11 特集 関東大震災100年 「情報の空白」から災害対応を考える
  • 12 防災意識の空白 防災・減災フェス 山梨県内全メディア6者が共同開催  13 災害時の教訓や経験を共有する民放連の役割 堀木卓也 日本民間放送連盟 専務理事  14 24時間・列島隅々空白無きNHKの報道体制 保科泰彦 NHK 報道局 災害・気象センター センター長  16 情報真偽の空白 ネット空間を見守るNHKネットワーク報道部  17 SNS上の情報の空白対応 AIでデマとフェイクを瞬時に判断 米重克洋 JX通信社 代表取締役  18 【広告】エーティコミュニケーションズ株式会社
  • 19 〔編集部〕関東、阪神・淡路、東日本の大震災とメディアの役割
  • 20 洪水情報の空白 求められる内水氾濫対応 佐賀県とケーブルテレビから  20 提案 データブロード 河川映像と水位を並べて伝える文字音声放送システム
  • 21 火口や火山灰の状態の空白 富士山噴火への備え ケーブルテレビ河口湖  22 河川、海、道路の監視空白 地上12mの“目”を備えた小型中継車 キャッチネットワーク 加藤祐介 キャッチネットワーク お客様満足創造本部 感動メディア2課  23 提案 パナソニックコネクト 屋外監視の切り札 強風・塩害・揺れに強いリモカメ「AW-UR100」
  • 24 障害者対応の空白 災害時の体系的調査が必要  24 字幕入力の空白 大阪・千葉・東京の3都市5拠点から遠隔入力体制 読売テレビ  25 提案 フェイス 災害時にこそ必要な遠隔字幕制作体制確立に向けて
  • 26 手話通訳の空白 OHK手話放送委員会が支える手話放送
  • 27 〔編集部〕避難所の生活にこそ「情報」は必須  27 避難所の情報空白 NHK大阪放送局開発「避難所用Wi-Fi配信システム」
  • 28  技術提案 ビデオ・テック 災害時、PC1台で自主番組送出を実現「VATIC-Plus」
  • 31 防災で活躍する衛星通信パワー Intelsatの「Flex Move」 衛星通信の独立系パイオニア「日本デジコム」が強力推進
  • 34 【連載】宇宙ニューメディアの新潮流(17) 「SatelliteAsia 2023」報告(下) 大手4社独自の戦術展開が明確化 SES/Intelsat/Inmarsat/Eutelsat 神谷直亮 衛星システム総研 代表/日本衛星ビジネス協会 理事
  • 37 【連載】Mr.Tedのアメリカ最新メディア速報(160) ESPNの危機 テッド若山 米国放送業界アナリスト/NSIリサーチ 代表
  • 38 技術提案 NCV×ソニーマーケティング 空間的制約を超える“クラウド制作環境” ケーブルテレビ初「Ci Media Cloud」を本格導入
  • 40 【連載】戦略で読み解く放送技術(7) Cloud化で差別化を図るATOMOSの戦略 小寺信良 ジャーナリスト/AV機器評論家
  • 2 【広告】スカパーJSAT株式会社
  • 3 【広告】株式会社ビデオ・テック
  • 4 目次  4 【広告】株式会社エイ・コスモス
  • 6 【広告】株式会社サーティファイ
  • 7 【シリーズ】巻頭 オピニオン・インタビュー(31) 令和2年7月豪雨災害を受けて改めて見直した水害対策 松岡隼人 熊本県人吉市長
  • 10 【シリーズ】Mizuno’s EYE 「暴走力」が岸田政権を窮地に追い込んだ?! 深刻さ増すマイナンバー不祥事 水野泰志 メディア激動研究所 代表
  • 11 特集 関東大震災100年 「情報の空白」から災害対応を考える
  • 12 防災意識の空白 防災・減災フェス 山梨県内全メディア6者が共同開催  13 災害時の教訓や経験を共有する民放連の役割 堀木卓也 日本民間放送連盟 専務理事  14 24時間・列島隅々空白無きNHKの報道体制 保科泰彦 NHK 報道局 災害・気象センター センター長  16 情報真偽の空白 ネット空間を見守るNHKネットワーク報道部  17 SNS上の情報の空白対応 AIでデマとフェイクを瞬時に判断 米重克洋 JX通信社 代表取締役  18 【広告】エーティコミュニケーションズ株式会社
  • 19 〔編集部〕関東、阪神・淡路、東日本の大震災とメディアの役割
  • 20 洪水情報の空白 求められる内水氾濫対応 佐賀県とケーブルテレビから  20 提案 データブロード 河川映像と水位を並べて伝える文字音声放送システム
  • 21 火口や火山灰の状態の空白 富士山噴火への備え ケーブルテレビ河口湖  22 河川、海、道路の監視空白 地上12mの“目”を備えた小型中継車 キャッチネットワーク 加藤祐介 キャッチネットワーク お客様満足創造本部 感動メディア2課  23 提案 パナソニックコネクト 屋外監視の切り札 強風・塩害・揺れに強いリモカメ「AW-UR100」
  • 24 障害者対応の空白 災害時の体系的調査が必要  24 字幕入力の空白 大阪・千葉・東京の3都市5拠点から遠隔入力体制 読売テレビ  25 提案 フェイス 災害時にこそ必要な遠隔字幕制作体制確立に向けて
  • 26 手話通訳の空白 OHK手話放送委員会が支える手話放送
  • 27 〔編集部〕避難所の生活にこそ「情報」は必須  27 避難所の情報空白 NHK大阪放送局開発「避難所用Wi-Fi配信システム」
  • 28  技術提案 ビデオ・テック 災害時、PC1台で自主番組送出を実現「VATIC-Plus」
  • 31 防災で活躍する衛星通信パワー Intelsatの「Flex Move」 衛星通信の独立系パイオニア「日本デジコム」が強力推進
  • 34 【連載】宇宙ニューメディアの新潮流(17) 「SatelliteAsia 2023」報告(下) 大手4社独自の戦術展開が明確化 SES/Intelsat/Inmarsat/Eutelsat 神谷直亮 衛星システム総研 代表/日本衛星ビジネス協会 理事
  • 37 【連載】Mr.Tedのアメリカ最新メディア速報(160) ESPNの危機 テッド若山 米国放送業界アナリスト/NSIリサーチ 代表
  • 38 技術提案 NCV×ソニーマーケティング 空間的制約を超える“クラウド制作環境” ケーブルテレビ初「Ci Media Cloud」を本格導入
  • 40 【連載】戦略で読み解く放送技術(7) Cloud化で差別化を図るATOMOSの戦略 小寺信良 ジャーナリスト/AV機器評論家
  • 41 ケーブル技術ショー2023報告特集 ケーブルテレビ「スマートシティ・地域DX」成功事例 全国主要事例のビジネスモデルと戦略  41 CTY 注目を集める全国初の大規模事業  42 ハートネットワーク ケーブルテレビから「地域の総合商社」へ  43 となみ衛星通信テレビ ICT・IoT活用の地域課題解決で業界を牽引  44 愛媛CATV 自治体に依存しない自律自走型モデル  45 伊那ケーブルテレビジョン 少子高齢化の地域課題への取り組み
  • 46 パナソニック コネクト 四日市のスマートシティに採用されたソリューションが高い評価の理由  48 地域DXやSTBなどの最新提案を出展
  • 49 【連載】未来へのオフロード ~道なき道を切り拓く次世代モビリティ最先端レポート~(8) テスラが世界で売れているのは充電ステーションの使い勝手が大きい 石川 温 ジャーナリスト
  • 50 CTV時代の動画コンテンツ視聴とCM訴求 深田航志 インテージ テレビ動画事業推進部 部長
  • 54 特集 ケーブル陣営「CTV 本格参戦」  54 日本のケーブルテレビ事業を大きく飛躍させる小さな最先端「ドングル」  56 ケーブルテレビの新たなポータルを提供する「ケーブルIPスティック」 渡辺克也 日本ケーブルテレビ連盟 理事長
  • 57 次はCTVとターゲッティング広告の展開だ ケーブル経営革命の聖地・飯田市で構想顕在化 「飯田FTTH&DTH研究会」に100名参加 原 勉 飯田ケーブルテレビ 代表取締役社長/飯田商工会議所 会頭
  • 60 東北ケーブルテレビネットワーク(TCN)と躍進中のU-NEXTが販売促進面で協業開始!
  • 61 【連載】KoreaメディアWatch(68) ユーザー急増のスポーツ生中継配信「Coupang Play」 趙章恩 ITジャーナリスト/KDDI総合研究所 特別研究員
  • 62 紅海に潜む海底湖「ブラインプール」 8Kカメラで撮影に成功
  • 64 テレビ松本ケーブルビジョン 「槍ヶ岳高精細4K常時中継システム」を開発 3,000m級からの通年ライブ中継は日本初  64 ケーブルテレビでの横展開も構想 佐藤浩市 テレビ松本ケーブルビジョン 代表取締役会長
  • 65 世界の公共放送局制作者が注目したNHKの手話番組
  • 66 BETWEEN
  • 68 【広告】株式会社フェイス

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2024年04月18日

総合ランキング
2024年04月18日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play