購入前に目次をご確認ください

Wedge 2021年7月号

ウェッジ / 2021年06月18日 / 全98ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • ONCE UPON A TIME「夏」(生津勝隆)
  • 目次1
  • 目次2
  • 目次3
  • 日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ(森内浩幸・長崎大学大学院小児科教授)
  • ワクチン接種は“安全保障” 有事の思考で国が前面に立て(編集部)
  • 資源ウォーズの真実 砂、土、水を飲み込む世界【砂】part I-1 “サンドウォーズ”勃発! 「砂」の枯渇が招く世界の危機(石弘之・ジャーナリスト)part I-2 ハイテク機器からシェールまで 現代文明支える「砂」の正体(ヴィンス・バイザー聞き手・構成=土方細秩子、編集部)part I-3 砂浜、コンクリート…… 日本の知られざる「砂」事情とは?(編集部)
  • 【土】part II-1 レアアースショックから10年 調達多様化進める日米(編集部)part II-2 中国のレアアース戦略と「デジタル・リヴァイアサン」(ギヨーム・ピトロン聞き手・構成=木村正人)part II-3 “スーパーサイクル”再来 危機に必要な真実を見極める眼力(中村繁夫・アドバンストマテリアルジャパン会長)
  • 【水】part III-1 「枯渇」叫ばれる水 資源の特性踏まえた戦略を(編集部)part III-2 重み増す「水リスク」 日本も国際ルール作りに関与を(沖大幹・東京大学大学院工学系研究科教授)part III-3 メコン河での“水争奪” 日本流開発でガバナンス強化を(濱崎宏則・長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科准教授)
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 創造をサポートし、60年 マルマンの「図案スケッチブック」
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 有給取得の推進に困った
  • コロナ禍に逆風のスーツ業界 復活に向けたヒントは何か?(編集部)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『呪術廻戦』が教えてくれる「好き」と「自己犠牲」
  • 進むワクチン 広がる格差 世界で冴えぬ日本経済の悲哀Part 1 世界経済で鮮明になる米国一人勝ち 渦巻くリスクは「日本」と「新興国」(唐鎌大輔・みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)Part 2 各国に先駆けて“方針転換” 英国の法人税引き上げ表明から何を学ぶか?(伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所経済研究部研究理事)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 世界に築かれた大英帝国の諜報網
  • 『空の宅配便』の理想と現実 ドローンの真価は“目”に宿る(編集部)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 「共産党100年」論に踊らされず 中国にはこう向き合えPART 1 1000年経ても変わらない「盗賊王朝」 中国共産党の本質(岡本隆司・京都府立大学文学部教授)PART 2 繰り返される「天皇工作」 日本はもっとしたたかさを持て(城山英巳・北海道大学大学院メディアコミュニケーション研究院教授)
  • PART 3 “社会的挫折感”と対峙 自信と警戒の間で揺れる中国共産党(加茂具樹・慶應義塾大学総合政策学部教授)PART 4【対談】転換期の世界経済と中国 問われる経営者の覚悟(中島厚志・新潟県立大学国際経済学部教授×阿古智子・東京大学大学院総合文化研究科教授)
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『平成都市計画史』饗庭伸
  • ONCE UPON A TIME「夏」(生津勝隆)
  • 目次1
  • 目次2
  • 目次3
  • 日本に必要な国産ワクチン 「掛け捨て」で次の危機に備えよ(森内浩幸・長崎大学大学院小児科教授)
  • ワクチン接種は“安全保障” 有事の思考で国が前面に立て(編集部)
  • 資源ウォーズの真実 砂、土、水を飲み込む世界【砂】part I-1 “サンドウォーズ”勃発! 「砂」の枯渇が招く世界の危機(石弘之・ジャーナリスト)part I-2 ハイテク機器からシェールまで 現代文明支える「砂」の正体(ヴィンス・バイザー聞き手・構成=土方細秩子、編集部)part I-3 砂浜、コンクリート…… 日本の知られざる「砂」事情とは?(編集部)
  • 【土】part II-1 レアアースショックから10年 調達多様化進める日米(編集部)part II-2 中国のレアアース戦略と「デジタル・リヴァイアサン」(ギヨーム・ピトロン聞き手・構成=木村正人)part II-3 “スーパーサイクル”再来 危機に必要な真実を見極める眼力(中村繁夫・アドバンストマテリアルジャパン会長)
  • 【水】part III-1 「枯渇」叫ばれる水 資源の特性踏まえた戦略を(編集部)part III-2 重み増す「水リスク」 日本も国際ルール作りに関与を(沖大幹・東京大学大学院工学系研究科教授)part III-3 メコン河での“水争奪” 日本流開発でガバナンス強化を(濱崎宏則・長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科准教授)
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 創造をサポートし、60年 マルマンの「図案スケッチブック」
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学(佐々木周作) 有給取得の推進に困った
  • コロナ禍に逆風のスーツ業界 復活に向けたヒントは何か?(編集部)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 『呪術廻戦』が教えてくれる「好き」と「自己犠牲」
  • 進むワクチン 広がる格差 世界で冴えぬ日本経済の悲哀Part 1 世界経済で鮮明になる米国一人勝ち 渦巻くリスクは「日本」と「新興国」(唐鎌大輔・みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト)Part 2 各国に先駆けて“方針転換” 英国の法人税引き上げ表明から何を学ぶか?(伊藤さゆり・ニッセイ基礎研究所経済研究部研究理事)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 世界に築かれた大英帝国の諜報網
  • 『空の宅配便』の理想と現実 ドローンの真価は“目”に宿る(編集部)
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 「共産党100年」論に踊らされず 中国にはこう向き合えPART 1 1000年経ても変わらない「盗賊王朝」 中国共産党の本質(岡本隆司・京都府立大学文学部教授)PART 2 繰り返される「天皇工作」 日本はもっとしたたかさを持て(城山英巳・北海道大学大学院メディアコミュニケーション研究院教授)
  • PART 3 “社会的挫折感”と対峙 自信と警戒の間で揺れる中国共産党(加茂具樹・慶應義塾大学総合政策学部教授)PART 4【対談】転換期の世界経済と中国 問われる経営者の覚悟(中島厚志・新潟県立大学国際経済学部教授×阿古智子・東京大学大学院総合文化研究科教授)
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『平成都市計画史』饗庭伸
  • 一冊一会
  • CHANGE CHINA ~中国を変える“中国人”~ (房満満) “声を上げる”ことの重要性を証明し挑戦続けるNGO代表 張伯駒
  • 【最終回】道半ばの社会保障改革(土居丈朗) 国民の負担力を上げるために企業は「価格転嫁力」を高めよ
  • 世界の記述
  • さらばリーマン(溝口敦) 製造業を制すれば道が拓ける 辿りついた逆転の着眼点今西竜一さん・ユニフェイス代表取締役社長
  • イノベーションを阻む“法律たち”(宗像雄)求められる多様な「対話」 株主総会は再生なるか
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『夏目漱石と帝国大学』大山英樹
  • 背負うということ(木村俊介) 「聞く」を通じて実現する 患者の居場所をつくるということ片木美穂さん・「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2021年07月26日

総合ランキング
2021年07月27日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play