購入前に目次をご確認ください

別冊Discover Japan _CREATORS 北川一成の仕事術

ディスカバー・ジャパン / 2017年10月26日 / 全155ページ

アーティスティックな造形力とビジネスセンス。
北川一成さんは、そのどちらも兼ね備える希有なクリエイターです。
表現の振り幅も広く、クライアントのビジネスツールになるデザインを生み出しています。
本書では、北川さんの創造の源泉を紐解き、ビジネスに効くデザインとその裏側を紹介。
エイチ・アイ・エス代表の澤田秀雄さん、ファミリア代表の岡崎忠彦さんらクライアント側のインタビューを交えながら、いままで手掛けてきた仕事内容を解説します。
ほかにも幼少期から学生時代の作品、ターニングポイントとなった出来事なども細かく紹介。
さらに、各分野で活躍するクリエイターから見た北川さんを語る特別企画も収録。
ぜひご覧ください。

目次

  • 新津保建秀が切り取る、GRAPHの日常
  • 目次
  • 第1章 コミュニケーションを誘発する 近年話題となったブランディングの事例とその裏側
  • コミュニケーションを誘発する、強度のあるデザインを提案変なホテル
  • 100年企業のあるべき姿をクリエイティブで表現内田洋行
  • 世の中を驚かせる仕掛けは2次元にも定型にもはまらないファミリア
  • コミュニケーションの本質を探る 妙心寺退蔵院 副住職 松山大耕さんインタビュー
  • 養老孟司さん×北川一成 あこがれの変人と語り合う
  • デザイン思考のためのインプットを支える読書術を大公開! 北川一成の本棚
  • プレゼンの組み立て方
  • 世界が信頼するプリンティングディレクション
  • 北川一成の思考を具現化した本棚が登場!
  • 北川一成×コニカミノルタ コラボレーション作品が完成!
  • 第2章 デザインの限界 ブランドの発展を後押しする知財とマーケティングの戦略
  • ロゴデザインで、地域経済の発展を目指す銀の馬車道
  • 市民が主体的に活用する、世にも珍しい変幻自在ロゴ舞鶴赤れんがパーク
  • ブランドのストーリーを視覚的に構築グリップインターナショナル
  • 100年前のロゴと共存。“いま”を生かすというデザイン戦略ユーハイム
  • 同じ土俵に立たず、ブランドの価値を確立するTIMA Japan
  • 言語を超えて伝わるグラフィックデザインこやま園
  • 新津保建秀が切り取る、GRAPHの日常
  • 目次
  • 第1章 コミュニケーションを誘発する 近年話題となったブランディングの事例とその裏側
  • コミュニケーションを誘発する、強度のあるデザインを提案変なホテル
  • 100年企業のあるべき姿をクリエイティブで表現内田洋行
  • 世の中を驚かせる仕掛けは2次元にも定型にもはまらないファミリア
  • コミュニケーションの本質を探る 妙心寺退蔵院 副住職 松山大耕さんインタビュー
  • 養老孟司さん×北川一成 あこがれの変人と語り合う
  • デザイン思考のためのインプットを支える読書術を大公開! 北川一成の本棚
  • プレゼンの組み立て方
  • 世界が信頼するプリンティングディレクション
  • 北川一成の思考を具現化した本棚が登場!
  • 北川一成×コニカミノルタ コラボレーション作品が完成!
  • 第2章 デザインの限界 ブランドの発展を後押しする知財とマーケティングの戦略
  • ロゴデザインで、地域経済の発展を目指す銀の馬車道
  • 市民が主体的に活用する、世にも珍しい変幻自在ロゴ舞鶴赤れんがパーク
  • ブランドのストーリーを視覚的に構築グリップインターナショナル
  • 100年前のロゴと共存。“いま”を生かすというデザイン戦略ユーハイム
  • 同じ土俵に立たず、ブランドの価値を確立するTIMA Japan
  • 言語を超えて伝わるグラフィックデザインこやま園
  • 世界を目指すべきブランドを確立するデザイン小牧醸造
  • 消費者の本音を意識したデザインを展開シード
  • 「ほかとは違う」を認識させる売り方を実践サンパック
  • ディスカバリーチャンネルの新たな道を切り拓く北川一成のロゴは、驚くほどシンプルでした
  • デザイン・プリント・知財はすべてつながっている 北川一成×弁護士 水野祐さん
  • 第3章 北川一成のルーツとルート 活動の背景にある、今日までの道程
  • 北川一成、はじまりの物語
  • 「デザインとは何か」を悟らせたのは、十四代目 増田德兵衞だった!?
  • 北川一成、「落狂楽笑」で突き抜ける
  • いち早く世の中に提示してきた「日本らしさ」とは?
  • クリエイターから見た北川一成
  • 一年に1度、北川一成のスナックが代官山にあらわれる
  • 北川一成の原動力はスナックだった!?
  • 巻末企画『Discover Japan』の歩みは、北川一成とともにある

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2019年10月16日

総合ランキング
2019年10月16日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play Windows Store App