購入前に目次をご確認ください

Wedge 2022年9月号

ウェッジ / 2022年08月20日 / 全86ページ

『Wedge』の主たる読者層はビジネスや政治・行政の最先端を生きる知的エグゼクティブ。読者の知的好奇心を満たすタイムリーなテーマに対し、1989年の創刊以来掲げてきた「事柄の本質を見極める」という編集方針で深掘りしていくのがモットー。企業も国も大きな曲がり角を迎え、制度疲労を起こしている時代だからこそ、世論や風潮に流されることなく、本質を捉えた建設的な提言を行う姿勢を貫いていく。現在、編集部員は全員30代以下に若返っており、世界最先端の少子高齢化を生き抜く世代として、日本の未来に対する責任を意識した情報発信に努める。

目次

  • 目次
  • 安倍元首相銃撃事件の衝撃 揺らぐ社会を救う「言葉」の力(先﨑彰容・日本大学危機管理学部 教授)
  • 漂流する行政デジタル化 こうすれば変えられる
  • PART 1 都市経営の「総合格闘技」 スマートシティにみる行政の宿痾(編集部)Interview 1 水面下で奔走するデジタル庁 知られざる司令塔の役割とは(江﨑 浩・デジタル庁 Chief Architect東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)COLUMN 1 遅れた日本のデジタル改革 彷徨い続けたその歩み(編集部)
  • PART 2 機運高まるデジタル改革 “看板の付け替え”を繰り返すな(関口和一・MM総研代表取締役所長)Interview 2 まちの魅力をさらに高める AIチャットの意外な活用法(綱川明美・ビースポーク創業者 代表取締役社長)COLUMN2 20年かけて電子政府に デンマークから学べること (安岡美佳 デンマーク・ロスキレ大学 准教授)
  • PART 3 行政手続きはなぜ“紙”なのか 自治体DXの最前線(編集部)
  • PART 4-1 自宅と生活圏をつなぐ 自動運転が生む“地域の足”(編集部)
  • PART 4-2 人の感覚をデータが裏付け AIで変わる水道老朽化対策(編集部)
  • PART 4-3 コロナ禍で命を守ったDX 現場で生きた教訓とは(酒井真弓・ノンフィクションライター)
  • PART 4-4 「まちのコイン」が育む地域交流の新たなカタチ(編集部)COLUMN 3 「切り捨て」も厭わない IT国家・中国の舞台裏(高口康太・ジャーナリスト)
  • PART 5 デジタルが導く行政“新常態” 住民と職員双方の理想追求を(庄司昌彦・武蔵大学社会学部メディア社会学科 教授× 廣川聡美・HIRO研究所代表元横須賀市副市長× 酒井真弓・ノンフィクションライター)
  • 大国間に広がる不信 今こそ日本独自の役割果たせ(佐橋 亮・東京大学東洋文化研究所 准教授)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 苦味は優しく、包み込む! これぞ日本ならではの創作術
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 「誠実であること」が原点 東京で唯一のタオル製造会社
  • 曖昧すぎる日本のかかりつけ医 実現に必要な「公」の視点(浅川澄一・福祉ジャーナリスト)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 古代ギリシャにみるインテリジェンスの礎
  • 「節目」を迎える2022年の中国 日本の対中戦略、再考を
  • PART 1 香港の表層に惑わされず「中国」化した現実を直視せよ(久末亮一・日本貿易振興機構〈JETRO〉アジア経済研究所 副主任研究員)
  • PART 2 現代版“赤化”目論む「モンスター」 日本は中国にこう向き合え(城山英巳・北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授)
  • 守備範囲を飛び越え、生き残りを図る地域金融の未来(中西 享・ジャーナリスト)INTERVIEW 存在意義を見出せない銀行は淘汰される(野崎浩成・東洋大学国際学部 教授)
  • 目次
  • 安倍元首相銃撃事件の衝撃 揺らぐ社会を救う「言葉」の力(先﨑彰容・日本大学危機管理学部 教授)
  • 漂流する行政デジタル化 こうすれば変えられる
  • PART 1 都市経営の「総合格闘技」 スマートシティにみる行政の宿痾(編集部)Interview 1 水面下で奔走するデジタル庁 知られざる司令塔の役割とは(江﨑 浩・デジタル庁 Chief Architect東京大学大学院情報理工学系研究科 教授)COLUMN 1 遅れた日本のデジタル改革 彷徨い続けたその歩み(編集部)
  • PART 2 機運高まるデジタル改革 “看板の付け替え”を繰り返すな(関口和一・MM総研代表取締役所長)Interview 2 まちの魅力をさらに高める AIチャットの意外な活用法(綱川明美・ビースポーク創業者 代表取締役社長)COLUMN2 20年かけて電子政府に デンマークから学べること (安岡美佳 デンマーク・ロスキレ大学 准教授)
  • PART 3 行政手続きはなぜ“紙”なのか 自治体DXの最前線(編集部)
  • PART 4-1 自宅と生活圏をつなぐ 自動運転が生む“地域の足”(編集部)
  • PART 4-2 人の感覚をデータが裏付け AIで変わる水道老朽化対策(編集部)
  • PART 4-3 コロナ禍で命を守ったDX 現場で生きた教訓とは(酒井真弓・ノンフィクションライター)
  • PART 4-4 「まちのコイン」が育む地域交流の新たなカタチ(編集部)COLUMN 3 「切り捨て」も厭わない IT国家・中国の舞台裏(高口康太・ジャーナリスト)
  • PART 5 デジタルが導く行政“新常態” 住民と職員双方の理想追求を(庄司昌彦・武蔵大学社会学部メディア社会学科 教授× 廣川聡美・HIRO研究所代表元横須賀市副市長× 酒井真弓・ノンフィクションライター)
  • 大国間に広がる不信 今こそ日本独自の役割果たせ(佐橋 亮・東京大学東洋文化研究所 准教授)
  • MANGAの道は世界に通ず(保手濱彰人) 苦味は優しく、包み込む! これぞ日本ならではの創作術
  • 新しい原点回帰(磯山友幸) 「誠実であること」が原点 東京で唯一のタオル製造会社
  • 曖昧すぎる日本のかかりつけ医 実現に必要な「公」の視点(浅川澄一・福祉ジャーナリスト)
  • インテリジェンス・マインド(小谷賢) 古代ギリシャにみるインテリジェンスの礎
  • 「節目」を迎える2022年の中国 日本の対中戦略、再考を
  • PART 1 香港の表層に惑わされず「中国」化した現実を直視せよ(久末亮一・日本貿易振興機構〈JETRO〉アジア経済研究所 副主任研究員)
  • PART 2 現代版“赤化”目論む「モンスター」 日本は中国にこう向き合え(城山英巳・北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授)
  • 守備範囲を飛び越え、生き残りを図る地域金融の未来(中西 享・ジャーナリスト)INTERVIEW 存在意義を見出せない銀行は淘汰される(野崎浩成・東洋大学国際学部 教授)
  • 社会の「困った」に寄り添う行動経済学実践編(佐々木周作) 健康寿命を延ばすには?
  • 国際連盟の教訓踏まえた国連 「機能不全論」の誤解を解く(高橋力也・横浜市立大学国際教養学部 准教授)
  • 近現代史ブックレビュー(筒井清忠) 『昭和ナショナリズムの諸相』 橋川文三
  • 天才たちの雑談 「未来のスマホや車とは? イノベーションの鍵はエネルギー」
  • 1918⇌20XX 歴史は繰り返す(髙橋義彦) ヒトラーに屈したオーストリア 独立守るのに必要なこと
  • 時代をひらく新刊ガイド(稲泉連) 『13歳からの経営の教科書』 岩尾俊兵
  • 一冊一会
  • 各駅短歌(穂村弘)
  • 拝啓オヤジ(相米周二)
  • 読者からウェッジから
  • 表4

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「ビジネス・マネー」
2022年11月26日

総合ランキング
2022年11月26日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play