購入前に目次をご確認ください

インプレス[コンピュータ・IT]ムック AWSインフラサービス活用大全[第2版] 構築・運用、自動化、データストア、高信頼化

インプレス / 2024年02月28日 / 全599ページ

AWSによるインフラの構築と運用の手法を幅広く解説。無料利用枠からはじめる自動化指向の包括的な実践ガイド! アカウント作成からコンテナクラスタのオーケストレーションまでをカバー。新たにコンテナの章を追加、翻訳時点の操作画面に刷新。Part1で事例や長所などAWSの主要ポイントを紹介し、基本的なWordPressシステムの構築法を解説。Part2でインフラ構築/運用の基本を中心に説明。Part3でデータ格納の6種類の方法を取り上げ、Part4で動的スケーリングが可能で、高可用性や耐障害性を持つインフラアーキテクチャを見ていきます。

目次

  • 商標/サンプルコード/正誤表など
  • はじめに
  • 謝辞
  • 本書について
  • 著者紹介
  • Part1 AWSの基本ひとめぐり
  • 第1章 Amazon Web Servicesとは何か
  • 1.1 Amazon Web Services(AWS)とは何か
  • 1.2 AWSで何ができるか
  • 1.3 AWSを使うことにはどのようなメリットがあるか
  • 1.4 AWSの料金
  • 1.5 選択肢としてのクラウドの比較
  • 1.6 AWSのサービス
  • 1.7 AWSとのやり取り
  • 1.8 AWSアカウントの作成
  • 1.9 予算アラートの作成:AWSの請求情報を管理する
  • 1.10 本章のまとめ
  • 第2章 15分でWordPressを構築[簡単な概念実証]
  • 2.1 インフラを作成する
  • 2.2 インフラの詳細を調べる
  • 商標/サンプルコード/正誤表など
  • はじめに
  • 謝辞
  • 本書について
  • 著者紹介
  • Part1 AWSの基本ひとめぐり
  • 第1章 Amazon Web Servicesとは何か
  • 1.1 Amazon Web Services(AWS)とは何か
  • 1.2 AWSで何ができるか
  • 1.3 AWSを使うことにはどのようなメリットがあるか
  • 1.4 AWSの料金
  • 1.5 選択肢としてのクラウドの比較
  • 1.6 AWSのサービス
  • 1.7 AWSとのやり取り
  • 1.8 AWSアカウントの作成
  • 1.9 予算アラートの作成:AWSの請求情報を管理する
  • 1.10 本章のまとめ
  • 第2章 15分でWordPressを構築[簡単な概念実証]
  • 2.1 インフラを作成する
  • 2.2 インフラの詳細を調べる
  • 2.3 インフラのコストを見積もる
  • 2.4 インフラを削除する
  • 2.5 本章のまとめ
  • Part 2 仮想インフラの構築[コンピュータとネットワークの構成]
  • 第3章 仮想マシンの活用法[EC2]
  • 3.1 仮想マシンの詳細を調べる
  • 3.2 仮想マシンの監視とデバッグ
  • 3.3 仮想マシンのシャットダウン
  • 3.4 仮想マシンのサイズを変更する
  • 3.5 別のデータセンターで仮想マシンを起動する
  • 3.6 仮想マシンにパブリックIPアドレスを割り当てる
  • 3.7 仮想マシンにネットワークインターフェイスを追加する
  • 3.8 仮想マシンのコストを最適化する
  • 3.9 本章のまとめ
  • 第4章 インフラのプログラミング[CLI、SDK、CloudFormation]
  • 4.1 自動化とDevOpsムーブメント
  • 4.2 AWS CLIを使う
  • 4.3 AWS SDKを使ったプログラミング
  • 4.4 IaC
  • 4.5 AWS CloudFormationを使って仮想マシンを起動する
  • 4.6 本章のまとめ
  • 第5章 システムのセキュリティ[IAM、セキュリティグループ、VPC]
  • 5.1 セキュリティの責任の所在をどう考えるか
  • 5.2 OSを最新の状態に保つ
  • 5.3 AWSアカウントをセキュリティで保護する
  • 5.4 仮想マシンのネットワークトラフィックを制御する
  • 5.5 クラウドでプライベートネットワークを作成する:Amazon VPC
  • 5.6 本章のまとめ
  • 第6章 運用タスクの自動化.[Lambda]
  • 6.1 AWS Lambdaを使ってコードを実行する
  • 6.2 Lambdaを使ってWebサイトのヘルスチェックを構築する
  • 6.3 EC2インスタンスの所有者が含まれたタグを自動的に追加する
  • 6.4 Lambdaを使って他に何ができるか
  • 6.5 本章のまとめ
  • Part 3 データ格納の手法
  • 第7章 オブジェクトの格納[S3]
  • 7.1 オブジェクトストアとは何か
  • 7.2 Amazon S3
  • 7.3 AWS CLIを使ってデータをS3にバックアップする
  • 7.4 コストを最適化するためにオブジェクトをアーカイブする
  • 7.5 オブジェクトをプログラムから格納する
  • 7.6 S3で静的なWebサイトをホストする
  • 7.7 データを不正アクセスから保護する
  • 7.8 パフォーマンスを最適化する
  • 7.9 本章のまとめ
  • 第8章 ハードディスクへのデータの格納[EBS、インスタンスストア]
  • 8.1 EBS:ネットワーク接続された永続的なブロックレベルのストレージ
  • 8.2 インスタンスストア:一時的なブロックレベルのストレージ
  • 8.3 本章のまとめ
  • 第9章 仮想マシン間のデータボリューム共有[EFS]
  • 9.1 ファイルシステムを作成する
  • 9.2 マウントターゲットを作成する
  • 9.3 EC2インスタンスでEFSをマウントする
  • 9.4 EC2インスタンス間でファイルを共有する
  • 9.5 パフォーマンスを調整する
  • 9.6 データをバックアップする
  • 9.7 本章のまとめ
  • 第10章 リレーショナルデータベースサービスの活用[RDS]
  • 10.1 MySQLデータベースを起動する
  • 10.2 データベースにデータをインポートする
  • 10.3 データベースのバックアップと復元
  • 10.4 データベースへのアクセスを制御する
  • 10.5 可用性の高いデータベースを使う
  • 10.6 データベースのパフォーマンスを調整する
  • 10.7 データベースを監視する
  • 10.8 本章のまとめ
  • 第11章 メモリでデータキャッシュ[ElastiCache、MemoryDB]
  • 11.1 キャッシュクラスタを作成する
  • 11.2 キャッシュデプロイメントオプション
  • 11.3 キャッシュアクセスを制御する
  • 11.4 CloudFormationを使ってDiscourseをインストールする
  • 11.5 キャッシュを監視する
  • 11.6 キャッシュのパフォーマンスを調整する
  • 11.7 本章のまとめ
  • 第12章 NoSQLデータベースサービスのプログラミング[DynamoDB]
  • 12.1 nodetodoアプリケーションのプログラミング
  • 12.2 テーブルを作成する
  • 12.3 データを追加する
  • 12.4 データを取り出す
  • 12.5 データを削除する
  • 12.6 データを変更する
  • 12.7 主キー
  • 12.8 PartiQLによるSQL形式のクエリ
  • 12.9 DynamoDB local12.10 DynamoDBを操作する
  • 12.11 キャパシティのスケーリングと料金モデル
  • 12.12 ネットワーキング12.13 RDSとの比較
  • 12.14 NoSQLとの比較
  • 12.15 本章のまとめ
  • Part 4 高可用性/耐障害性/スケーリングの手法
  • 第13章 高可用性の実現[アベイラビリティゾーン、自動スケーリング、CloudWatch]
  • 13.1 CloudWatchを使ってEC2インスタンスを障害から復旧させる
  • 13.2 データセンターの機能停止からの復旧
  • 13.3 高可用性を目的とした設計
  • 13.4 本章のまとめ
  • 第14章 インフラの切り離し[ELB、SQS]
  • 14.1 ロードバランサーによる同期デカップリング
  • 14.2 メッセージキューによる非同期デカップリング
  • 14.3 本章のまとめ
  • 第15章 デプロイメントの自動化[CodeDeploy、CloudFormation、Packer]
  • 15.1 AWS CodeDeployによるインプレースデプロイメント
  • 15.2 CloudFormationを使ったローリングアップデート
  • 15.3 Packerを使って作成したカスタムAMIをデプロイする
  • 15.4 アプローチを比較する
  • 15.5 本章のまとめ
  • 第16章 耐障害性のための設計
  • 16.1 冗長なEC2インスタンスを使って可用性を向上させる
  • 16.2 コードに耐障害性を持たせる
  • 16.3 耐障害性を持つWebアプリケーションを構築する:Imagery
  • 16.4 本章のまとめ
  • 第17章 スケールアップとスケールダウン[自動スケーリング、CloudWatch]
  • 17.1 EC2インスタンスの動的なプールを管理する
  • 17.2 メトリクスまたはスケジュールを使ってスケーリングを開始する
  • 17.3 EC2インスタンスの動的なプールを切り離す
  • 17.4 本章のまとめ
  • 第18章 クラウドモダンアーキテクチャの構築[ECS、Fargate、App Runner]
  • 18.1 仮想マシンではなくコンテナを検討するのはなぜか
  • 18.2 AWSでコンテナを実行するためのさまざまな選択肢を比較する
  • 18.3 ECSの基礎:クラスタ、サービス、タスク、タスク定義
  • 18.4 AWS Fargate:仮想マシンのクラスタを管理することなくコンテナを実行する
  • 18.5 クラウドネイティブアーキテクチャのウォークスルー:ECS、Fargate、S3
  • 18.6 本章のまとめ
  • 索引
  • 翻訳者プロフィール/STAFF LIST
  • 奥付

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「パソコン・モバイル」
2024年04月11日

総合ランキング
2024年04月11日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play