トピックス  【重要】iOSアプリにおける不具合について [2020年07月13日]
 購入前に目次をご確認ください

できるポケット&できるポケット+シリーズ 定番アプリ超活用 テレワーク全事典

インプレス / 2020年10月01日 / 全239ページ

Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googleドライブ 業務と相手にあわせたベストな使い分け活用 テレワーク全事典 Slack+Zoom+Teams+Google Meet+Googleドライブ 業務と相手にあわせたベストな使い分け

ビデオ会議やビジネスチャットは使えるという方に、より効率的に業務を進める応用ワザを提案します。ZoomやSlack、Microsoft Teams、Google Meet、そしてGoogleドライブといった定番アプリをチーム編成に応じて使い分けたり、組み合わせて会議を大幅に効率化したり、離れて仕事をするチームで起こりがちな意思疎通の問題を解決したりと、テレワークをより快適にする方法を100本収録。オフィスという場にとらわれない、未来のワークスタイルが身に付きます。

目次

  • まえがき
  • 本書の読み方
  • 目次
  • 第1章 環境整備
  • 1 テレワークにはアプリと自己管理の両面が大事
  • 2 仕事モードに切り替える気持ちのスイッチを作る
  • 3 スマホの通知は切ってプライベート用に
  • 4 オフィス以上にまめな「声かけ」を意識する
  • 5 「伝わっているか?」の確認を遠慮しない
  • 6 用語と会話の手順を意識的に統一する
  • 7 ネット越しの言葉に無用な疑いを持たない
  • 8 大事な予定は複数の手段でリマインドする
  • 9 必要なアプリは3種類だけと心得る
  • 10 アプリ導入準備は社内のルール確認から
  • 11 チャットは感覚的な使いやすさも重要
  • 12 ビデオ会議はゲストを想定して使い分ける
  • 13 文書共有の汎用性ではGoogleドライブ一択
  • 14 共有カレンダーは他者のためにも使う
  • 15 忘れずに仕事仲間の緊急連絡先を押さえる
  • 第2章 チャット
  • まえがき
  • 本書の読み方
  • 目次
  • 第1章 環境整備
  • 1 テレワークにはアプリと自己管理の両面が大事
  • 2 仕事モードに切り替える気持ちのスイッチを作る
  • 3 スマホの通知は切ってプライベート用に
  • 4 オフィス以上にまめな「声かけ」を意識する
  • 5 「伝わっているか?」の確認を遠慮しない
  • 6 用語と会話の手順を意識的に統一する
  • 7 ネット越しの言葉に無用な疑いを持たない
  • 8 大事な予定は複数の手段でリマインドする
  • 9 必要なアプリは3種類だけと心得る
  • 10 アプリ導入準備は社内のルール確認から
  • 11 チャットは感覚的な使いやすさも重要
  • 12 ビデオ会議はゲストを想定して使い分ける
  • 13 文書共有の汎用性ではGoogleドライブ一択
  • 14 共有カレンダーは他者のためにも使う
  • 15 忘れずに仕事仲間の緊急連絡先を押さえる
  • 第2章 チャット
  • 16 複数の話題が交錯しないチャンネル分けが原則
  • 17 チャンネルの命名と削除のルールを設ける
  • 18 名前は漢字のフルネームにして覚えやすく
  • 19 会話は原則としてDMでなくチャンネルで
  • 20 ステータスは対応の可否を明確に
  • 21 プロジェクトの決め事を進める担当者を立てる
  • 22 全員向けの「@」は濫用厳禁!
  • 23 誰もが毎日発言できる機会を作る
  • 24 スレッドの「深掘り」は混乱しやすいため避ける
  • 25 議論のための情報整理に活用したいSlackの機能
  • 26 Teamsのタブは共有する情報の整理に便利
  • 27 即レスを求めずに済む会話を常に意識する
  • 28 絵文字は新しい表意文字だと考える
  • 29 オリジナルの絵文字をチーム独自の言葉にする
  • 30 テンションを上げた発言でチャットを温める
  • 31 主語と目的語は省略せずに書く
  • 32 論点が複数あるときは番号を振る
  • 33 Slackのワークスペースは専用アプリで切り替える
  • 34 3つのルールを理解して通知を快適に使う
  • 35 Slackの通知はキーワードも指定できる
  • 36 Teamsの通知は受け取り方の選択がカギ
  • 37 通知外の新着発言を効率よくチェックする
  • 38 あとで対応する発言にリマインダーを設定する
  • 39 複数のワークスペースはテーマで見分けやすく
  • 40 Googleカレンダー連携でSlackに通知を集約する
  • 41 仕事の節目でSlackのログをバックアップする
  • 第3章 ビデオ会議
  • 42 ホストはビデオ会議の時短に注力する
  • 43 GoogleカレンダーからZoomの会議も簡単設定
  • 44 臨時のビデオ会議を最速で立ち上げる
  • 45 顔出しと画面共有の共通ルールを決めておく
  • 46 録画は事前の合意形成と開始の確認をしっかりと
  • 47 いつもの機材で印象を改善する3つのポイント
  • 48 ヘッドセットやマイクはおすすめ投資対象No.1
  • 49 映像の自然さに差が付く照明とカメラの整備
  • 50 会議の15分前に行うべきカメラテストのポイント
  • 51 打鍵音などのノイズをセルフチェックする
  • 52 発言するとき以外は小まめにマイクオフ
  • 53 バーチャル背景は事前に十分なテストを
  • 54 未来感のある映像を作るバーチャルカメラアプリ
  • 55 アジェンダと議事録を文書共有で一体化する
  • 56 ブレストに使える共有マインドマップ
  • 57 共有中の画面を参加者に操作させる
  • 58 Zoomで共有した画面にコメントを付ける
  • 59 ビデオ会議でパワポの発表者ツールを使う
  • 60 iPhone/iPadの画面をZoomで共有する
  • 61 Google Meetで便利なChromeのタブ共有機能
  • 62 ホストが心がけたい会議終了時の気遣い
  • 第4章 文書共有
  • 63 メール添付ではなく文書共有を推進する
  • 64 フォルダーごとに管理者を明確にする
  • 65 もとのOffice文書は不要になったら削除する
  • 66 編集を前提としない文書はPDFで共有する
  • 67 アジェンダや議事録は箇条書きで速く書く
  • 68 アウトライン表示で議事進行をスムーズに
  • 69 アイコンとカーソルから相手の視線を把握する
  • 70 議事録の確認はコメントで行う
  • 71 文書の仕上げに向けた調整は提案モードで
  • 72 文書の共同編集依頼では要求を具体的に伝える
  • 73 履歴と名前付きの版で意図しない変更を防ぐ
  • 74 全員でのアイデア出しにスプレッドシートを使う
  • 75 スマホでも入力しやすいフォームを作る
  • 76 Googleドライブアプリでフォルダーと統合する
  • 77 Teamsの共有文書も相手の操作が見える
  • 78 文書の共同編集にはコメントモードを使う
  • 79 Teamsでの議事録はWord文書で作る
  • 80 GoogleドライブとTeamsを連携させる
  • 81 Googleドライブからファイルをコピーする
  • 第5章 自己管理
  • 82 仮想デスクトップを作業ごとに切り替える
  • 83 パソコンの通知を集中モードで遮断する
  • 84 手軽に遠隔操作できるリモートデスクトップ
  • 85 スマートフォンからパソコンを遠隔操作する
  • 86 タブレットをビデオ会議用端末にする
  • 87 スマートスピーカーを秘書代わりにする
  • 88 コンビニプリントはセブン-イレブンが便利
  • 89 領収書のデジタル化はアプリのスキャン機能で
  • 90 長期と短期でタスクを階層化する
  • 91 1日の仕事は「閉じた」リストで管理する
  • 92 区切りのルールで自分を納得させる
  • 93 休憩や食事も仕事の一部と考える
  • 94 「箱」と「束」で作業のストレスを減らす
  • 95 空き時間共有用のカレンダーを持つ
  • 96 10分ごとの作業記録で時間の感覚を付ける
  • 97 気が散る音やモノをシャットアウトする方法
  • 98 インプットを枯らさないためにアウトプットする
  • 99 発想力を衰えさせない気分転換上手になる
  • 100 ボイスチャットで親しい仲間とつながる
  • 索引
  • 著者プロフィールSTAFF
  • 奥付

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

総合ランキング
2020年10月23日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play Windows Store App