購入前に目次をご確認ください

月刊ソトコト January 2018 No.235 [Lite版]

RR / 2018年12月05日 / 全93ページ

一つの言葉が、一冊の本が、誰かの背中を今日も押してくれている。
人生を変えるなんて、そんなたいそうなことはなかなか起きることはないけれど、
明日なら変えることはできるかもしれない。
この号では、そんな言葉や本を実際に生み出す現場や関われる場を訪れます。
カフェオーナー、アーティスト、社会起業家、書店主、編集者、歌人、ブックディレクター、小学生作家など、
ソーシャル業界をリードしてきた方たちや、本に関わるみなさんに、
「言葉を学んだ本」「社会を学んだ言葉」「豊かさを理解した言葉」など、
明日へとつながる言葉や本を紹介してもらいます。

目次

  • 目次
  • 【特集】明日への言葉、本
  • 阿久津隆さんと、『フヅクエ』という店。
  • 感情を言葉で届ける人、工藤玲音さん。
  • 言葉を生きる「力」に変えていく『ラグーナ出版』。
  • 『ハミングバード・ブックシェルフ』の本棚たち。
  • 「明日への言葉」に出合える本屋ガイド。
  • 夕闇の奥にある、“いい本”と出合う場所『よるのひるね』。
  • ういさんの書いた『しょうがっこうが だいすき』。
  • 本と人の仲介人、『オヨヨ書林』山崎有邦さん。
  • 『Lucha Libro』が考える、「土着人類学」とは。
  • 「言葉で自分を鼓舞する」とは。
  • 「言葉を届ける仕事」とは。
  • 「最先端」の東アジアで、書店の未来を見る。
  • 「音楽家が言葉を紡ぐ」とは。
  • 【連載】ソーシャルな、暮らし。
  • 【連載】生命浮遊 福岡伸一
  • 【連載】ソトボラ新聞
  • 【連載】田中康夫と浅田 彰の憂国呆談 season 2
  • ブックインフォメーション
  • 目次
  • 【特集】明日への言葉、本
  • 阿久津隆さんと、『フヅクエ』という店。
  • 感情を言葉で届ける人、工藤玲音さん。
  • 言葉を生きる「力」に変えていく『ラグーナ出版』。
  • 『ハミングバード・ブックシェルフ』の本棚たち。
  • 「明日への言葉」に出合える本屋ガイド。
  • 夕闇の奥にある、“いい本”と出合う場所『よるのひるね』。
  • ういさんの書いた『しょうがっこうが だいすき』。
  • 本と人の仲介人、『オヨヨ書林』山崎有邦さん。
  • 『Lucha Libro』が考える、「土着人類学」とは。
  • 「言葉で自分を鼓舞する」とは。
  • 「言葉を届ける仕事」とは。
  • 「最先端」の東アジアで、書店の未来を見る。
  • 「音楽家が言葉を紡ぐ」とは。
  • 【連載】ソーシャルな、暮らし。
  • 【連載】生命浮遊 福岡伸一
  • 【連載】ソトボラ新聞
  • 【連載】田中康夫と浅田 彰の憂国呆談 season 2
  • ブックインフォメーション
  • 次号予告

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「総合・文藝」
2018年12月17日

総合ランキング
2018年12月18日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play Windows Store App