購入前に目次をご確認ください

エイ出版社の実用ムック ゴルフは準備で10打縮まる

エイ出版社 / 2019年08月27日 / 全117ページ

スコアの良いゴルファーは「準備力」が備わっている! ラウンド時はゴルフに対するエネルギーを100パーセントの状態にしておく必要がある。そのためには綿密な「準備」が欠かせない。また、コースをいかに攻略するかという「コースマネジメント」と、心をコントロールする「メンタルマネジメント」は異なるようで実は密接に関連している。その根底にあるのは危険を回避する「リスクマネジメント」の考え方で、そのキーワードになるのも「準備」だ。本書では、ツアーの第一線で選手をサポートしてきたプロキャディの杉澤伸章が「準備」の大切さと「準備」のコツを解説している。準備力を高めて、スコアアップにつなげよう!

目次

  • 目次
  • ■ PART.1 準備力の基本 強いプレーヤーはどうやって準備しているのか
  • ゴルフはボールを打つまでの「準備」ですべてが決まる
  • 「準備」がとても大切なこれだけの理由
  • 様々な場面や状況を想定しておくことも「準備」のひとつ
  • 良いスコアが出た時の傾向をデータ化しておこう
  • ショットの結果を受け入れる気持ちの準備もしておこう
  • 失敗を忘れる作業よりも次にやるべきことに集中する
  • モヤモヤの要素とあえて向き合って気持ちを整理する方法もある
  • 癒やしの会話を楽しんで気持ちの整理と準備をする
  • ミスした時に落ち着くためのアクションを決めておこう
  • 「しても良い」と「してはダメ」で心理はこれだけ変わる
  • 自分のことをよく知っている「インナーキャディ」を雇おう
  • インナーキャディとの会話は最後に「肯定」が入ることが大事
  • 肯定文に変えて考えるだけで脳思考がプラスに転換する
  • 自分のルーティンの入り口を決めればリズムが崩れない
  • どんな球を打ちたいのかを声に出して言ってみよう
  • スイングの準備体勢であるアドレスをおろそかにしない
  • プレーの前日にコースの天気予報や風向きをチェック
  • ■ PART.2 メンタルの準備 ラウンド中に慌てないメンタルコントロール
  • 目次
  • ■ PART.1 準備力の基本 強いプレーヤーはどうやって準備しているのか
  • ゴルフはボールを打つまでの「準備」ですべてが決まる
  • 「準備」がとても大切なこれだけの理由
  • 様々な場面や状況を想定しておくことも「準備」のひとつ
  • 良いスコアが出た時の傾向をデータ化しておこう
  • ショットの結果を受け入れる気持ちの準備もしておこう
  • 失敗を忘れる作業よりも次にやるべきことに集中する
  • モヤモヤの要素とあえて向き合って気持ちを整理する方法もある
  • 癒やしの会話を楽しんで気持ちの整理と準備をする
  • ミスした時に落ち着くためのアクションを決めておこう
  • 「しても良い」と「してはダメ」で心理はこれだけ変わる
  • 自分のことをよく知っている「インナーキャディ」を雇おう
  • インナーキャディとの会話は最後に「肯定」が入ることが大事
  • 肯定文に変えて考えるだけで脳思考がプラスに転換する
  • 自分のルーティンの入り口を決めればリズムが崩れない
  • どんな球を打ちたいのかを声に出して言ってみよう
  • スイングの準備体勢であるアドレスをおろそかにしない
  • プレーの前日にコースの天気予報や風向きをチェック
  • ■ PART.2 メンタルの準備 ラウンド中に慌てないメンタルコントロール
  • 朝一番のティショットの前は体を動かして緊張をほぐそう
  • 「アベレージスコア」の意識でモチベーションをキープする
  • ゴルフのショットには1打たりとも無駄はない
  • イライラした時はゴルフ場を俯瞰の目で見よう
  • 集中力の維持に大きく役立つスコアカードマネジメント
  • 「時系列」的な思考で今やるべきことを明確にする
  • 調子のパーセンテージに合わせてプレーしよう
  • 同伴プレーヤーすべての成功を心から願おう
  • 「ナイス」と「ミス」のさじ加減をするのはナンセンス
  • 自分のプレーを実況中継するとパフォーマンスを引き出しやすい
  • ゴルフが上手くなった先に「どうしたいか?」を考えよう
  • 練習場で一生懸命にボールを打っている自分を褒めよう
  • ■ PART.3 コース攻略の準備 スコアアップに直結するコースマネジメント
  • ツアープロはスタート前にパットの練習から始めている
  • 「ちょっと嫌だな」と思ったら自分の一番得意な球で攻めよう
  • 上手なゴルファーはコース設計家と対話する気持ちでプレーしている
  • コースを「逆走」すれば攻略のベストルートがつかめる
  • フェアウェイの広いホールは「2本の木」をイメージしよう
  • レイアップもスコアメイクの積極的な戦術を考える
  • 18ホールのすべてを「パー3の連続」と考えよう
  • 自分の距離感で目標に運ぶ意識がマネジメントにつながる
  • 状況次第では基本の風向きを度外視する例外もある
  • 晴れの日は自分の影を見ると風向きを判断しやすい
  • パー5はていねいに攻めるとチャンスがやってくる
  • 右と左のどちらに打つかをハッキリ決めることが大事
  • クラブ選択で迷った時はその日の調子で判断する
  • ピンを狙うよりグリーンの広いスペースに打とう
  • グリーンを4分割してみると確率の高い攻め方が見えてくる
  • 「仮想のピン」を立ててそこを狙う気持ちをつねにもとう
  • ピンを「攻めるか、守るか」という戦略のメリハリは必要ない
  • 水が流れる方向を把握することがグリーンの傾斜を読む基本
  • 自分が打つ前にグリーン上を一周して芝目を見よう
  • カップまで50センチの「お先に」の場所を先に見つける
  • ボールからカップまでの通り道を「トンネル化」する
  • 奥付

※このデジタル雑誌には目次に記載されているコンテンツが含まれています。それ以外のコンテンツは、本誌のコンテンツであっても含まれていません のでご注意ください。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。

 

電子書籍は初めての方へ。マガストアで一度購入すると、スマホでもタブレットでもPCでも閲覧できます。

電子書籍は初めての方へ

ジャンル別ランキング
「スポーツ」
2019年10月18日

総合ランキング
2019年10月18日

アプリダウンロード
はこちら

App Store でマガストアをダウンロード Android app on Google Play Windows Store App